売れる仕組みなんてない。
あなたは、そう思ってませんか?

あなたの会社やお店、商品を選ぶ決定権は100%お客様にあり、あなたに決定権は0%なことを、あなたは気づいてますか?

START STORY

売れる仕組みがここにある!

顧客管理システム?


顧客管理、販売管理、在庫管理、生産管理、工程管理、・・・
世の中、「○○管理システム」が多い

ずっと前から、この「顧客サポートシステム」を「顧客管理」と呼ぶことに「違和感」を感じていました。

もう、顧客を管理する時代ではない。
顧客をサポートし、フォローすることが本来は重要なことに気づいた時からずっとそう思っていました。

顧客管理というカテゴリは幅が広く曖昧です。
また、お客様をサポートし、フォローすることは、今までの顧客管理とは全く違ったコンセプトと知識、そして経験が必要です。

TOPICS

あなたはどちら?

売上 - 経費 = 利益(企業は、これを増やす)
いずれかの方法で利益を増やせます。
1.売上を増やす
2.経費を減らす
あなたは、ITツールを導入する目的はどちらですか?
導入を検討する際は、明確にしておきましょう。

私たちは、「顧客サポート(顧客フォロー)」という新しいカテゴリを提唱し、そしてNo1を目指します。

売上を上げるポイントは3つ


売上=顧客単価×リピート回数×顧客数

私達の売上の考え方は、一般的な販売価格(単価)×販売数ではなく、 売上=顧客単価×リピート回数×顧客数 と、考えています。

つまり、売上げアップのポイントは「顧客単価アップ」、「リピート回数アップ」、「顧客数(実稼働)のアップ」の3つです。

各ポイント(顧客単価/リピート回数/顧客数)を10%アップすれば、売上は単純に30%アップします。

単価をアップするには...

商品に松竹梅(三段階の価格設定)をつけたり、特典を付けてまとめ買いしてもらったりと方法は多種多様です。
RFMの考え方であれば、優良顧客へ特別なアプローチを行うことも一つの方法です。
また既存顧客をターゲットとした商品を開発することも一つの手法です。

リピート回数をアップするには...

顧客との関係が継続できているか否かがハッキリと示されます。
「お客様がリピートしてくれる=顧客は満足してくれている」と思いがちですが、問題は、その人数が多いかどうかです。
従って、リピート客を増やす施策と末永くお付き合いして頂く施策が必要です。

顧客数をアップするには...

顧客数アップは購入を続けて頂ける顧客数を増やすことに注目します。
顧客の中で、離れていった顧客(何らかの原因で離れていった顧客)を現役に戻す施策が求められます。
実は3つの要素(単価アップ、リピート数アップ、顧客数アップ)の中で一番容易なのが「顧客数を増やすこと」で、 顧客情報を持っている分、比較的にコストを抑えることが可能です。

TOPICS

売上を上げるのは誰なのかを考える

売上をあげるのは、誰ですか?
あなたですか?営業マンですか?それとも社長?
どれも違います。答えは「お客様」です。
あなたがどんなに自社製品のアピールをしようとも、お金を出すか出さないか、その決定権はお客様にあるのです。
つまり、商品やサービスを購入するかどうかの決定権は100%お客様にあり、あなたの会社に決定権は0%なのです。
まず、これをしっかり認識する必要があります。
お客様に買っていただく、利用していただくためには、
① お客様に喜ばれる
② お客様に好かれる
③ お客様から忘れられない
が重要です。

そのためには、アフターフォローがとても大切なのです

そして、「私たちがお客様を忘れない事」の方がもっと重要です。

バケツの理論


穴のあいたバケツが教えてくれること

穴の空いたバケツに水を注ぎ込むことを想像して見て下さい。

水をいくら継ぎ足してもバケツの穴からどんどん水が流れ出す姿はたやすく思い浮かんできます。
穴の空いたバケツが会社、流れ出る水がお客様だとすると、いくら広告やイベントで新規顧客を獲得し水を継ぎ足しても穴が空いていれば、そこから水がお客様が流れ出て行く。

コストばかりかかり、売上が上ったように見えても、結果、儲かっていない現実。

多くの経営者やコンサルタントは、「新しいお客様を獲得すること」には熱心です。
ネットショップやモール、コンサルタント、広告代理店は四季折々のイベントの度に広告を斡旋紹介します。

本当に良い広告効果(費用対効果)が得られていますか?
「今いるお客様を維持していく事」への関心が薄れていませんか?

はっきり言わせてもらえば、優先順位が違っています。
それを穴の空いたバケツは教えてくれます。

こんな悩みを抱えてませんか?

「お客様がなかなか定着してくれない」
「広告を出した時だけ売上があがる」

The bucket expresses everything.

顧客を増やすにも順番がある!

バケツの水を一杯にする = 顧客を一杯にする(増やす)

1.バケツの穴をふさぐこと

お客様が流出する(離れていく)のを防ぐことから始めます。
あなたの会社やお店から離れていかない様にします。

2.流れ出た水をバケツに戻す

あなたの会社やお店から流出した(離れていった)お客様を呼び戻します。
既にお客様の情報を持っている為、費用は比較的かかりません。

3.上から新しい水を入れる

新規の顧客を集める
(広告宣伝費用がかかる)

この順番が重要です!

顧客サポートシステムの特徴


バラバラの顧客リストをひとまとめ

顧客リストがエクセル、宛名印刷ソフト、市販やオーダーメイドの管理システム、手書きとバラバラになっていて全く管理できない!
さぁ、顧客サポートシステムで一つにまとめましょう。もちろん方法はあります。

ストレスフリーな使い勝手

DMを作る時、「なぜこの条件でお客様を検索できないの?」ってよくあります。
また「お客様とのやり取りを記録でき検索ができる」ことも嬉しい。
もっと突っ込んだことしたいのに!って思っているあなたへ朗報です。

どうぞ、声をきかせて下さい

「安心のアフターフォロー」という言葉をよく聞きますが、いざっという時の対応に満足していますか?
難しい言葉を並べられて、「それは仕様です」と言われて終わりってことありませんか?
私たちの場合、「もっと状況を教えてください。」そして「少し考えさせて下さい」と答えます。

  1. 見込み客を成約客に変えるためのフォローを具体的な手順として登録し運用できます。
    ビフォアフォロー作業設定画面
    このように顧客をフォローする手順をいくつでも登録できます。
  2. 顧客のリピート購入を増やすフォローを具体的な手順として登録し運用できます。
    アフターフォロー作業設定画面
    このように顧客をフォローする手順を登録できます。
  3. 毎日、スケジュール帳のようにフォロー作業を自動的に教えてくれます。
    フォロー作業指示の確認画面
    このような画面で「いつ、誰に、どのようなフォローを行う」のかをソフトが教えてくれます。
  4. 商談中止の理由を記録し、自社の弱点を分析できます。
    商談中止理由分析表
    見込み客が成約に至らなかった理由をソフトが教えてくれますので、対策を打ちやすくなります。
  5. 最適な広告媒体(広告媒体ごとにコストを分析)がわかります。
    BFコスト分析表画面
    広告媒体ごとにCPIとCPOが計算されるため、どの媒体(広告)の費用対効果が一番よいかが分かります。
  6. 顧客ポートフォリオマネージメント分析と連携して、最適なお客様へのフォローができます。


    顧客ポートフォリオマネジメント分析は、下記のサイトをご覧ください。

    全体の概要はコチラ  ⇒ http://kzn.intermedia.co.jp/

    機能の紹介はコチラ  ⇒ http://kzn.intermedia.co.jp/service.html#software

  7. 他にも、

  8. 顧客の検索バリエーションが豊富なので、DMを出す時にとても便利。
    受注一覧作成画面
    昨年度(2017年1月1日から2017年12月31日)に化粧水1を購入した顧客で、

    さらに、

    顧客検索画面―チェック項目

    女性で、10月生まれで、福岡県に住んでいて、DMを送って良い顧客

    のように複数の条件で検索できます。
  9. 顧客を管理する項目が最大40個まで自由に設定でき、独自のデータベースを作成できます。
    顧客検索画面―フリー項目
    フリー項目の40個を自由に設定して利用できます。
  10. 顧客との応対内容を全員で閲覧できるので、顧客からのお問い合わせなどをすべてのスタッフが対応できます。
    応対履歴画面
    顧客との会話履歴を登録できます。
  11. インポート/エクスポート機能が付いているので、他のソフトと連携がとれます。
    データのインポート・エクスポート画面
    データのインポート項目画面
    インポート・・・他のソフトのデータを当システムに取り込むことができます。

    エクスポート・・・当システムからのデータを他のソフトに受け渡すことができます。

    (例)
    インポートの例
     エクセルの住所録を当ソフトに取り込む

    エクスポートの例
     ソフトの顧客リストを年賀状ソフトに受け渡す

TOPICS

作業負担が増えると現場は動かない事実

お客様一人ひとりに丁寧なアフタフォローは大変です。
またどのお客様にどんなフォローを、と個別に対応するのはとても時間がかかります。
お客様の分析からフォローの適切なタイミングまでとなると作業量も多くなり大変です。
また現場にとっては、新しい仕事が増えたり、今までの慣習が否定されたりと、バタバタと混乱することも多々あります。
当たり前なことですが、作業負担が増えると現場は動かない事実を目の当たりにします。

まずは経営者の思いと何故フォローが大切なのかを納得してくれるまで説明することが第一です。

次に現場の反発をもろともしない精神力とパワー!
そして、現場の作業を可視化してルーチン化してくれる仕組みが不可欠です。

お客様をフォローする事に特化した顧客サポートシステム

他社とは全く違ったコンセプトで設計されています!

もう、顧客を管理する時代は終わりました。

あなたの職場に、
「お客様をフォローする」という
新たなイノベーションが生まれます。

Our Short Story

株式会社 新出光 様(以下、IDEXと記します)に顧客サポートシステムを導入したのが2002年3月でした。もう15年も前になります。

IDEXでは、事業の一環として「アスクル通信販売事業部」を設けていました。そこで、顧客サポートシステムの導入目的は、この通販事業部を立ち上げ、業績を飛躍的に向上させること、だったのです。

毎月1回、IDEXのスタッフ[5~6名]、アスクルからの担当者[2~3名]、当社[2名]の合わせて10名くらいが、IDEXの会議室に集まってミーティングを繰り返したのです。

まずは、見込み客を法人に絞りました。
さらにアプローチする業種も明確に絞りました。
そして、そこに向けてカタログなどを送るのですが、そこから成約する数値を決め、ゴールはこの数値を越えた時と決めたのです。

まず、

第1ステップ

見込み客の名簿の一件一件にカタログを送ってよいかを電話で確認しました。

第2ステップ

OKの返事をもらった方にはカタログを送りました。

第3ステップ

その後○日目に電話をかける。

第4ステップ

その後○日目にプッシュするファックスを送る。

などのように、フォローする回数を決めて、また「どのような内容でフォローするのか」、また、「フォローのステップ間の間隔(○日毎)」を決めたのです。

これを実行しながら、下記のことを毎月検証したのです。

  • ステップ毎の反応の良し悪しの判断
  • フォローの内容は適切なのか
  • フォローの間隔は適切なのか

つまり、検証と対策と実行を何回も何回も繰り返し行ったのです。

そして、ついに半年すぎた頃に目標の数値に達したのです。

これで全員が集まっての会議は終わったのですが、この15年間、フォローの内容に若干の変更はあったのですが、根本的なフォローの内容をそのままです。

そして、この15年間で売り上げは10数倍になったそうです。

顧客サポートシステム導入後の半年間、まったくフォローの形が見えない中で全員が知恵を出し合い、改善を繰り返したことが、この大成功につながったのだと思います。

私はこの経験を通して、生みの苦しみがありますが、
「最初に顧客をフォローする内容をきちんと決めること」が成功のポイントだと痛感しました。

また、フォローというのは業種や会社によって異なります。
ある会社でうまくいったフォローを真似ても他の会社では全く効果を発揮しないということは多々あります。

ですから、あなたの会社ではあなたの会社の独自のフォローを作ることをオススメします。

つまり、あなたの会社のオリジナルなフォローです。

ご要望をいただければ、この部分は弊社でお手伝いをすることができると考えますので、ご興味のある方は一度ご相談ください。

よろしくお願いいたします。

What Our Clients Say... お客様の声


500人程度の顧客データ数が2,700人に!

当店ではポイントカードを採用しています。 ポイントが溜まったらそのガードを金券として利用して頂き、そのカードに記載されたお客様情報を顧客データとして登録していました。 エクセルや宛名ソフトなどを駆使してアフターフォローを行っていたのですがこの作業の負担が膨大で、500人といえども重複や漏れなどのミスも多く発生していました。 そこで、顧客サポートシステムを導入することになりました。 細かなサポートを漏れなく行えるようになったことで顧客リストも今では2700人まで増えています。 それでもミスなくフォロー出来ているのは顧客サポートシステムの使いやすく工夫された機能のおかげだと思います。 これからはお客様の購入履歴に合わせたDMの発送など、より細やかなアフターフォローをしようという話も出てきています。 日々の作業に余裕が生まれる事により、さらに質の良いサービスを提供できるようになりました。

サイキグリーン  らんの博物館&草花館ローズマリー様
Creative Deirector at Gmoogle.com

社長の無茶振りへの対応もなんなくこなせる様に!

うちの社長は新しもの好き。次から次へと社員に無理難題を吹っ掛けるのだ。 「そうはおっしゃいますけど社長、この作業にどれだけの労力が必要かご存知?」という言葉を飲み込みコツコツとこなしていくしかないのが社員のサガなのである。 が、しかし! 顧客サポートシステムの出現で状況が一変することに! まず、データをまとめるのが非常に簡単。インポートやエクスポート、またお客様の分類もワンクリック!そして分類したお客様もリストからすぐに宛名ラベルが作れるのだ。 体感的に今までの100分の1の労力で同じ結果が出せる。 そうなってくると、どんどん仕事を簡素化・システム化しようとみんなが努力を始めた。 社員の仕事が嘘のように楽になるこのシステム、わが社では「社員サポートシステム」と位置づけ「サポトン」という愛称も付いた。 このような日々の努力のおかげでわが社の製品は大ブレイク。TVでも紹介され、新規のお客様に現在アプローチ中である。 社長の無茶振りもどんとこい!「サポトン」と一緒に受けて立とう!

通販業 I・C様
Creative Deirector at Gmoogle.com

入力待ちの伝票の山がなくなった!

当社は社員3人で切り盛りする通販を営む会社です。 正直小さな会社ですので、「顧客サポートシステム」の導入費用は大きな出費でもありました。 しかし今では、少人数だからこそ導入のメリットが大きいと確信しています。 以前はアクセスで自前のDBを作りお客様情報を管理していました。 何より大切な事だと考えていますので、かなり時間がかかることですが毎日入力を続けてきました。 私が一括で担当していたので、気が付けば入力待ちの伝票の山。これにはストレスが溜まりました。 しかし、顧客サポートシステムの操作性のおかげで入力時間は短縮され、さらに誰でも作業できるのでパートさんにお願いすることもできます。 私は本来やりたい仕事に時間を使えるようになり、大助かりです。 今ではもっと有効な活用方法がないか、パートさんともども模索しています。 使い方次第ではいろんな可能性が秘められている「顧客サポートシステム」。これからも頼りにしてますよ!

小売業 有限会社アイ・ハッピーバリュー研究所様
Creative Deirector at Gmoogle.com

TOPICS

考え方の根底は
「お客様との絆を強くして末永いお付き合いをする」ということ。

「今いるお客様を維持する」ためには、お客様をフォローする必要があります。
しかし、お客様をフォローすることは、ただ単に顧客維持(囲い込み)することではなく、「お客様との絆を強くして末永いお付き合いをする」ということです。
お客様に提供する商品やサービスを良く理解してもらい、本当に気に入ってもらうこと、本当のファンになって頂くことだと考えています。

私たちは「顧客サポートシステム」を提供するに当たり、このシステムを利用して頂くお客様、そしてその向こう側にいるお客様のことを考えて精一杯ご協力致します。
この「顧客サポートシステム」が選ばれる理由の一つに、ユーザー様に対する「お客様本位の泥臭いフォロー」を挙げて頂けることは嬉しいばかりです。

エディションのご紹介


顧客サポートシステムには、「スタンダード版」「ネットワーク版」「通販版」の3つのエディションがあります。

顧客サポートシステム(スタンダード版)

(本製品はパソコン1台でのご利用となります。)


【基本機能】
新規顧客の成約率をアップするステップ式営業の仕組みを作れます。
リピート率をアップする購入者へ自動フォローの仕組みを作れます。
毎日30分でお客様へフォローする仕組みを自動的に作れます。
まずは、無料体験版で「お客様と絆を深め、短期間で売れる仕組みを作る」事を体験して下さい。

【無料体験版の付属サービス】
・顧客サポートシステム(ダウンロード)
・導入ハンドブックPDF版(1冊)
・売上げを伸ばす顧客管理とは?(70分動画)
・操作・運用のサクセスサポート(15日間電子メールサポート)
・顧客データ移行サービス
・顧客データ変換ツール
・顧客ポートフォリオ分析システム©との連動

※顧客サポートシステムで御社の問題や課題を解決できるかどうか、お電話にてヒアリングさせていただきます。その後、ダウンロード先をご案内申し上げます。

お試しはこちらへ

顧客サポートシステム(ネットワーク版)

(本製品はパソコン複数台でご利用できます。)


【基本機能】
スタンダード版と同等です。

日々のフォロー等の作業を分担して作業効率
毎日30分でお客様へフォローする仕組みを自動的に作れます。
まずは、無料体験版で「お客様と絆を深め、短期間で売れる仕組みを作る」事を体験して下さい。

ネットワーク版のイメージ図
【お試し期間について】
ネットワークの環境が整備されている必要がありますのでご注意ください。
まず、期間限定ライセンス(1週間)を使用して正常に動作することをご確認いただいております。
仮申込書をお送りいたしますので、弊社までご連絡ください。

お問い合わせ:093-513-8770 (平日10時~17時)

  • ネットワーク版

    PC複数台で利用
  • 初期費用:60,000円(税別)
  • 月額利用料:
    サーバー
    20,000円(税別)
    クライアント(1台目)
    5,000円(税別)
    クライアント(2台目)
    3,000円(税別)

    ※クライアント(3台目以降)は1台あたり
    2,000円/月の加算となります。

    月額利用料は、上記各料金の合算になります。
  • ライセンスキー:要(同時接続)
  • (1週間)「お試し期間(動作確認)」有り
  • ご利用料金/動作環境等、詳しくはこちら

顧客サポートシステム(通販版)

(本製品はパソコン複数台でご利用できます。)


顧客サポートシステム(通販版)は、下記の3点を促進するためのツールとして開発しました。
※スタンダード版の機能は全て搭載しています。
1.新規の顧客の獲得率を向上させる
2.既存客に対してのリピート率を向上させる
3.受注 ⇒ 出荷 ⇒ 請求 ⇒ 入金の流れの仕組みを作り、一連の作業効率をあげる

【顧客サポートシステム(通販版)の特筆すべき機能】
①毎日、スケジュール帳のように商品の出荷作業内容を自動的に教えてくれます。
出荷作業内容を自動的に教えてくれる
このような画面で「いつ、誰に、何の商品を出荷する」のかをソフトが教えてくれます。

②定期宅配機能(毎月のお届けや隔月のお届けなど)に対応
定期宅配機能に対応
2ヵ月毎の15日にお届け、のように定期のお届けサイクルを指定できます。

③入金消込み(自動入金機能)
入金データの取り込みに対応
それぞれの宅配業者からの入金データ(csv形式のデータ)を一括で取り込むことができます。

④ヤマトのB2や佐川のe飛伝に対応(宅配連携)
ヤマトB2や佐川e飛伝に対応
商品の出荷(配送)データを佐川急便やヤマト運輸のシステムへ引き渡すことができます。

⑤その他、クレジットカード/NP社(NP後払い)/収納代行等、色々な支払い方法に対応
各種支払方法に対応
支払方法も各種指定できます。

⑥ショッピングカートからのデータ自動取込
ショッピングカードからのデータインポートに対応
ショッピングカートからのデータ(顧客情報や受注情報のcsvデータ)を取り込むことができます。


【訪問講習】
・ご要望があれば、貴社や店舗に訪問し講習会を致します。(交通費や宿泊費は別途ご請求)

※一部、お客様のご要望、宅配業者の仕様によりカスタマイズが必要になりオプションとなります

【(15日間)「無料お試し版」について】
無料体験をご要望の際は、スタンダード版か通販版をメッセージに、ご記入下さい。

お試しはこちらへ

  • 通販版

    通販業者専用
  • 初期費用:600,000円(税別)
  • 月額利用料:30,000円(クライアント3台まで)(税別)
    クライアントが4台以上の場合は、クライアント1台にあたり5,000円(税別)が追加
  • ライセンスキー:要(同時接続)
  • (15日間)「無料お試し版」有り
  • ご利用料金/動作環境等、詳しくはこちら

安心の導入サービス!

  • HPや電話から体験版申し込み

  • トライアル

  • 注文

  • 導入

  • 保守と運営支援

  • 無料体験版(15日間)をHPから申し込む

  • ヒアリング(活用できるかどうかを判断)

  • トライアル(運用や操作などで不明な点は電話やメールなどでサポート)

  • 正規版への切り替え(注文)

  • 導入

  • 教育(フォローの仕組み作り等)

  • 保守と運営支援

  • HPや電話などで問い合わせ

  • ヒアリング(ニーズの把握)

  • 打合せ

  • 提案書および見積書のご提示

  • 注文

  • カスタマイズ(御社の専用機能を開発する作業)

  • 既存システムからのデータの移行(不要な場合は、この過程はなし)

  • システムおよびデータベースの導入

  • 教育(フォローの仕組み作り等)

  • 保守と運営支援

そして導入後も安心!
充実したサポート。

Mail
Support

メールによるサポート

24時間対応可

お問い合わせへ

Telephone
Support

電話によるサポート

平日:
10:00~12:00
13:00~17:00

Remote Support

リモートによるサポート

平日:
10:00~12:00
13:00~17:00

Support by
Seminar education

セミナー教育によるサポート

セミナー紹介サイトへ

Business
Consulting

弊社コンサルタントによる、活用方法に関するコンサルティング

オフィシャルサイトへ

※セミナーの内容により有料の場合があります。

※期間限定の顧問契約が発生する場合は別途ご契約となります。

お問い合わせについて

当社がご提供するサービスや製品について、電話でも受け付けています。
お気軽にお問い合わせ下さい。
電話:(093) 513 8770 10:00~17:00
お問い合わせはこちらから...(電話以外のお問い合わせは24時間受付けています。)

私たちの仕事


顧客ポートフォリオ・マネージメント

健康食品通販で有名なやずや社で開発された分析手法をシステム的に実現したツール。お客様へのフォローを中心に、顧客価値の最大化を目標としています。

FACEBOOK ページ

株式会社インターメディアコンサルティングが運営する『フェイスブック ページ』です。

Youtube チャンネル

株式会社インターメディアコンサルティングが運営する『Youtubeチャンネル』です。
企業経営や戦略へのヒントや日々企業活動する為のヒントを配信しています。
是非、御覧ください。

▲ Page Top

Are you ready to go?

お客様をフォローするということは、難しいことかもしれません。
しかし、お客様との「絆」が芽生えた時、「面倒くさい」が「楽しい」に変わります。